新規出店 間杉手延製麺所

愛知県安城市からの出店です。

安城市の和泉地区に伝わる名産品。長ソーメンと半生冷麦を販売します。

200年ほど前からの、「半生もどし」という製法で、コシとのどごしを両立させつつ、3メートル以上の長さまで伸ばしています。

舞鶴で初出店です。

店長の間杉さんは、1年ぶりの舞鶴、以前は舞鶴に住み、仕事をされていたとのことで、舞鶴にはなじみの方です。

3mのソーメン・・・そのままゆでるとどうなりますか? と店長の間杉さんに聞くと。

大変なことになりますから、切ってからゆでてください。とのことです。

いたずらで長いままゆでて出したら面白いだろうなぁ、というと。

実はやったことがあるそうです。

でも・・・食いにくいなぁ・・と文句を言いつつ、黙々と食べられてしまったそうです。

面白くもなんともなく、苦情だけ受けたそうです。

くれぐれも長いままで、茹でないように・・とのことでした。

IMG_2843

商品の長そうめん、現地で商品写真を撮り忘れました。とりあえず入れておきます。

IMG_2865

お店に立ち寄ると、店長の歌もサービスしてくれますよ。

IMG_2862

 

 

 

 

 

毎月20日(雨の日等の天候、曜日にかかわらず)

東舞鶴の海岸公園「しおじプラザ」(通称東舞鶴五条海岸)で開催します。

 

主催:
まいづる廿日の市実行委員会

後援:舞鶴観光協会

©まいづる廿日の市実行委員会
写真、記事の無断転載をお断りします。